ページの先頭へ戻る

『橋をとおして見た風景』平成29年度土木学会出版文化賞を受賞

光陽メディアにて印刷させていただいた、都政新報社様から2016年10月に発刊しました『橋をとおして見た風景』が、この度平成29年度土木学会出版文化賞を受賞しました。

著者の紅林くればやしあきさんは都庁職員の建設局道路建設部橋梁構造専門課長です。

長年収集した資料を基に執筆し、一般の読者にも、橋の面白さ、文化性、インフラとしての重要性を伝える点が評価され今回の受賞となりました。

 

こちらの本は、口絵カラー16頁を始め貴重な写真を多数掲載し、また江戸時代から現代にかけての『橋』を巡る物語を知ることができるとても貴重な本となっております。今回土木学会出版文化賞を受賞したことで、この本が一層多くのお客様に読んでいただければと思います。

光陽メディアではただ印刷・製本し納品するだけでなく、価値ある商品を多くのお客様に届けるためのお手伝もしております。お客様の商品は勿論ですが、出版業界を盛り上げていくためにもご相談等ございましたら担当営業まで一報お願いいたします。