ページの先頭へ戻る

お客様にとってなくてはならない存在として
在り続けられるように

光陽メディアは、第二次世界大戦後の復興期に「平和と民主主義が世界と日本の隅々まで行きわたるように」との願いを実現するために先輩たちが築いた会社です。1950年の創業以来、多くのお客様やベンダーの皆様に支えていただきながら今日まで繋いできました。

時代の変化とともに、生産様式も生産手段も様変わりしています。何よりも私たちのお客様の事業と運動も大きく様変わりしています。光陽メディアも、変わっていかなければなりません。今、光陽メディアは、「ものづくりとマーケティングプロモーションの合わせ技」を得意としています。この得意技を活かして、お客様の事業と運動の発展にいっそうお役に立てるよう、従業員一同努力しています。

光陽メディアは、2017年夏、千葉県柏市に新しい工場が完成する予定になっています。これを私たちは「第二の創業」と位置付け、決意を新たに、日々その準備を始めているところです。「お客様にとってなくてはならない存在」として在り続けられるよう、従業員一丸となって今まで以上に努力と研鑽を重ねていく所存です。みなさまには、今後とも温かいご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2016年12月 代表取締役社長 明石 康徳