光陽メディア 柏工場|採用サイト光陽メディア 柏工場|採用サイト
page top

若い力、求む!
「経験なし、知識なし」でも 未来への可能性は広がる─

光陽メディアが印刷を手がけた絵本。最新技術を駆使した色再現性の高さは、出版業界で高く評価されています

光陽メディアはこんな会社

創業から70年、印刷の最前線を歩みつづける

光陽メディアの創業は、第二次大戦後の復興が本格化する1950年。「平和と民主主義が世界と日本の隅々まで行きわたるように」との願いを込めて設立されました。以来、70年にわたり印刷業界の最前線を歩みつづけてきました。

近年は印刷にとどまらず、多様なメディア、表現手段を駆使して、マーケティング、プロモーションなどサービス内容を拡充し、お客さまのさまざまなご要望にお応えしています。

東京本社

第二の創業──柏工場が完成、稼働開始

2017年、千葉県柏市にかねてより建設を進めてきました新工場「柏工場」が竣工し、9月より稼働を開始しました。最新型のUV印刷機をはじめ新たに設備を多数導入し、よりハイレベルな製品のご提供が可能となりました。

当社ではこの柏工場の完成・稼働を「第二の創業」と位置づけ、さらなるサービスの拡大、品質の向上を目指して、全社一丸となって取り組んでいます。

2017年に完成した柏工場

会社概要

株式会社光陽メディア

創業   1950年11月1日
資本金  1億円(払込)
所在地  〒162-0818 東京都新宿区築地町8番地(本社)
〒277-0922 千葉県柏市大島田2丁目18-1(柏工場)
電話番号 03-3260-9186(本社)
事業内容 印刷・出版業、製本加工業、発送・倉庫業
代表者  代表取締役社長 明石 康徳
従業員  180名

平均勤続勤務年数   16年(2019年)
月平均所定外労働時間 18時間(2019年)
平均有給休暇取得日数 10日(2019年)

光陽メディアの事業とサービス

当社の事業の中心を占めるのが印刷事業です。ハイブリッドUV印刷機など印刷・製本機械の充実を図る一方、独自技術の開発にも注力しお客さまの多様なニーズにお応えします。1部単位の制作が可能なPOD(プリント・オン・デマンド)のサービスも行っています。

印刷物のデータの制作が主な業務です。書籍や雑誌、絵本、ポスター、パンフレットなどあらゆる印刷物を対象とし、組版やレイアウトすべてに対応するとともに、自動組版のシステムやデータベースを利用したカタログ制作なども行っています。

主に広告・宣伝、広報、コミュニケーションの分野で、お客さまの課題解決に向けたトータルな企画提案を行っています。パンフレット、ポスター、動画、その他広告物の企画・制作、ウェブサイトやアプリの構築・運営など、サービスメニューは豊富です。

のぼり旗をはじめ、Tシャツ、ボールペン、クリアファイル、クオカードなどのノベルティを企画・製造・販売しています。既製品からオリジナル製品まで取り扱い、個人のお客さまから企業・団体のお客さままで幅広いニーズにお応えできる製品をご提案しています。

「自分の思いや経験を形にしたい」というお客さまからのご要望を受けて、1985年に業務を開始したのが自費出版事業です。自分史、歌句集、画集、絵本、写真集などを中心に、現在までに書店流通本600冊、私家本2000冊を世に送り出してきました。

ポスター、パンフレットなどの宣伝物やノベルティなどの全国発送、保管、アッセンブリなどが中心です。多数の運送会社をパートナーに、お客さまのニーズに合わせたサービスを展開しています。出版社様の書籍管理や取次業務も承っています。

募集職種と求める人物像

印刷機オペレーター、製本機オペレーターの2職種を募集。
経験や知識は問いません。 「ゼロから学ぼうという素直な心」と「新しいことに挑戦する意欲」のある人を求めます。

今回、募集するのは次の2職種です。
・印刷機オペレーター
・製本機オペレーター
いずれも勤務地は柏工場(千葉県柏市)です。

*印刷機オペレーター

印刷機の操作が主な仕事で、機械の清掃・整備・点検も含まれます。光陽メディアでは絵本や写真集の印刷など高い精度の色表現が必要となるため、目指す色を判断し再現できるプロフェッショナルとなることが求められます。

*製本機オペレーター

製本機を操作して印刷された紙を断裁し、順番通り並べて綴じ、一冊の本をつくる仕事です。最近の製本機の機能・性能は高くなっていますが、正しくページが並び美しく整った本を仕上げるにはオペレーターの技術が不可欠です。

*こんな人を求めています*

「新しいことにチャレンジしたい人」「素直な気持ちで知識やスキルを吸収できる人」「仕事には集中して取り組み、自分の時間も大切にする、オン・オフの切り替えがうまい人」──こんな方はぜひご応募ください。
印刷・製本に関する知識や経験は必要ありません。業務に必要な知識やノウハウは、入社後に学び、身につけることができます。

募集概要

光陽メディア柏工場

募集人数 5名程度
選考方法 書類選考、面接
提出書類 履歴書
基本給  大卒 181,100円、専門学校卒(3年制)171,500円、専門学校卒(2年制)168,000円(2020年4月)
諸手当  通勤手当、資格手当
昇給   年1回(4月)
賞与   年2回(7月、12月)
休日休暇 週休2日(土・日)、祝日、夏季6日、年末年始7日
福利厚生 家賃補助制度(33歳未満の独身者)、社員食堂完備
勤務地  千葉県柏市
勤務時間 8:45~17:30 実働7時間45分(休憩60分)
研修制度 あり

光陽メディア柏工場

先輩が語る光陽メディア

佐藤 裕二

印刷

佐藤 裕二
2002年入社
柏工場 印刷部



光陽独自の技術で色の世界を究めたい

 高校を卒業して光陽メディアに入り、18年が経過しました。入社のきっかけは高校に求人があったことですが、印刷会社に勤務していた兄の勧めも決断を後押ししてくれました。 入社以来、一貫して印刷に携わっています。現在は最新型のUV印刷機を使って、主に絵本の印刷を担当しています。

絵本印刷のポイントは、作者や出版社が望む色をいかに表現できるかというところです。そのため、光陽メディアではJBCP(ジュブナイルブックカラープリント=広色域印刷)という独自の技術を開発しました。印刷部だけでなく、デジタル部門、製版部門とともに全社的に取り組む一大プロジェクトとなりましたが、結果として今まで困難だった微妙な色の表現が可能になりました。

おかげさまで、出版社様や絵本作家の先生方から高い評価をいただいています。

ただ、機械や技術が進歩しても、色を最終的に判断し決めるのはわれわれ現場のオペレーターです。どうしたら色の再現性が上がるのか、勉強しながら日々取り組んでいます。

今後も印刷の分野で頑張っていくつもりです。いま扱っている機械だけでなく、さまざまな機械を使って経験を重ね、仕事の幅を広げていきたいと思っています。

伊波 行泰

印刷

伊波 行泰
2019年入社
柏工場 印刷部



自分が携わった仕事に誇りが持てる

 1年間アルバイトを経験し、昨年正社員として入社しました。

アルバイトとしては書籍の管理、発送などを担当していましたが、会社から正社員として印刷をやってみないかと言われ、入社を決断しました。

まだ見習いという段階で、先輩たちの仕事ぶりに日々刺激を受けています。いずれは佐藤さんのように「色」に関して自分の判断で決められるようになりたいです。

働く場としての環境はとてもいいと思います。社内の雰囲気はよく、仕事もやりがいがあります。本屋で自分が携わった絵本を子供たちが嬉しそうに眺めているのを見ると、誇らしい気持ちになります。

以前は建設関係の仕事をしていたのですが、収入面で不安定で休みを取れないことも多く、もっと安定した職に就きたいという思いがありました。現在、印刷部はシフト制ですが、休みはきちんと取れています。休暇も取得しやすく、恵まれていると思います。

まだ入社2年目なので、いまは毎日が勉強です。早く一人前になれるよう頑張っていくつもりです。

中澤 治

製本

中澤 治
2017年入社
柏工場 製本加工・書籍管理・発送部 製本加工課



和やかで働きやすい環境が魅力

光陽メディアで働きはじめたのは7年前で、最初はアルバイトとしての採用でしたが、その後、会社側から働きかけがあり3年前に正社員になりました。

業務としては、アルバイト時代から一貫して製本の部署で、今は無線綴じ機を担当しています。無線綴じ機というのは簡単に言うと折丁(印刷した紙を折ったもの)をまとめて表紙と特殊なのりをつけ成型する仕事で、一日に多い時で5万冊程度作成しています。

その中で担当当初は、仕上がりにどうしても微妙な差がでがちでした。しかし周りの方のサポートや根気良く何度も教え続けてくれた方達のおかげでなんとか最近になって自分としても納得出来るレベルの物が増え嬉しく思う反面、さらなる技術の向上に努めなければと思っています。

会社内での雰囲気は題名の通り和やかで働きやすいと思います。残念ながら今年は新型コロナの影響で中止になっていますが、例年だと労働組合などがイベントを企画し屋形船で食事をしたりキャンプ場でBBQといったイベントが開催されています。全社内でのイベントですので他部署の方や本社の方、またその家族の方たちとも交流する機会があり会社内での雰囲気につながっていると感じています。

福利厚生面も充実していると思います。私は以前は飲食関係で働いており定期的に休みを取るのが難しかったですが、光陽ではほぼ定時に退社でき、カレンダー通り休みも取れますし有給休暇も希望通り取得出来ます。

業務量や納期、時期によっては多少勤務時間や出勤日が不規則になることもありますが、負担に感じるほどに多くはなく、そうならないように会社側が配慮してくれているのだと思います。

今後は新しいことにもチャレンジしていきたいと考えています。会社の意向もあると思いますが、アルバイト経験から人と接するのが好きですし、今の仕事の経験から製本はもちろんですが印刷などにも興味があるので、機会があれば違う業務も経験してみたいです。


光陽メディア

本社:〒162-0818 東京都新宿区築地町8番地(本社)  柏工場:〒277-0922 千葉県柏市大島田2丁目18-1
【お問い合わせ先】TEL:03-3260-4530  Mail:saiyo@koyo-net.co.jp


Copyright (C) 2017 KOYO MEDIA Co., Ltd. All Rights Reserved.